男女

ウェルネスダイニングの食事で健康的な体を目指そう!

添加物が少ないので安心

食事

ウェルネスダイニングの食事は、栄養バランスのとれた健康的なものばかりです。しかし、添加物などは含まれていないのでしょうか?食品に含まれている添加物は、臓器に負担をかけてしまう場合があるので、健康面で不安のある人はできるだけ摂らないようにする必要があります。ウェルネスダイニングの食事には、添加物が全く含まれていないわけではないですが、普通よりは控えめにして作られています。また、一般的なお弁当などと違って、冷凍で宅配されるため不必要に添加物を使わなくていいこともメリットの一つです。添加物による体への影響が気になる人でも、安心して食べられることがウェルネスダイニングの魅力なのです。

添加物の多い食事を摂ると、体内に余分な毒素が蓄積されてしまい、体に良くありません。特に腎臓病を患っている人の場合、負担が大きくなってしまいます。ウェルネスダイニングで扱っているメニューは、管理栄養士がきちんとバランスを考えて作った食事なので気にせず食べることができます。中でも、鶏肉の竜田揚げやレモン焼などは人気の高いメニューです。鶏肉というと、高カロリーで脂分も多いイメージがありますが、ウェルネスダイニングの食事はひと味違います。味付けは普通の唐揚げながら、塩分や脂質を抑えて作られているのです。また、副菜の和え物を一緒に食べることで、脂分の消化を助けてくれるという働きもあります。今まで体のことを考えて鶏肉を食べるのを我慢していたという人でも、気兼ねなく食べることができるのでおすすめです。